MENU

30代で乾燥肌の原因と対策について探る!

まず、最初に述べたように、30代の乾燥肌は、お肌のセラミドが減っておこるものがあります。
対策としては、出来てしまった角層のすき間にセラミドを補ってあげることです。
先にご紹介した化粧水等を使用するのがおすすめです。


また、30代といえば、妊娠や出産により、女性ホルモンのバランスが大きく変わっていきます。
それにより、お肌の再生する周期(ターンオーバー)が乱れます。
ターンオーバーが乱れて遅れると、お肌の古い角質が、はがれず厚く重なってしまい、くすんで見えます。
年齢化粧品を賢く使いましょう。
ターンオーバーは睡眠不足・偏食・喫煙・ストレス・飲酒などによっても乱れます。
なるべく規則正しい生活ができるように心がけるといいですね。


あと30代の乾燥肌で考えられるのは、紫外線によるダメージです。
紫外線を繰り返し受けると、角質が厚くなり、角質にすき間ができ、水分の蒸発を招きます。
乾燥肌の原因になるので、日よけ対策をして、UVクリームを塗るなどして予防することです。