MENU

50代で乾燥肌の原因と対策について探る!


50代の乾燥肌の特徴は、女性ホルモンの減少によるものです。
40代後半くらいから、卵巣のはたらきが衰えて、黄体ホルモンの分泌が減ってしまうのです。
黄体ホルモンは、皮脂の分泌を増やす作用をします。
つまり、黄体ホルモンが減ると、お肌を乾燥から防いでくれる皮脂の分泌量も少なくなってしまうのです。

お肌の皮脂量が減ってしまう対策としては、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分の入った化粧品で失った成分をしっかり補うことです。

また、お肌の生まれ変わる周期(ターンオーバー)が遅くなります。
20代では28日周期だったのに、50代では約75日もなります。
ターンオーバーが遅れると、正常なターンオーバーならはがれていく古い角質が、肌に蓄積してしまいます。
これによって肌が厚くなり、乾燥肌を招いてしまうのです。
乾燥肌ばかりでなく、「シワ」「たるみ」「くすみ」や「シミ」などの原因にもなります。

対策としては厚く硬くなった角質層をやわらかくほぐしてくれるようなエイジングケア化粧品を使うことです。

また、規則正しい生活を送り、栄養バランスの良い食事を摂ったり、ストレスを感じない穏やかな生活を心がけるなどの内面からのケアも有効です。