秋の肌悩みで一番多い症状は乾燥です-乾燥肌を潤す化粧品選び♪

MENU

乾燥は秋の肌悩みで一番多い症状。正しいケアで改善しよう!

皮脂や汗で肌がベタつく、メイクをし
てもすぐに崩れてしまうなど悩みばかりの夏が過ぎれば、湿度も気温も低くなる秋がやってきます。ですが、そんな爽やかで過ごしやすい季節になると、乾燥肌になる方が急増しています。
原因をよく理解して、ケアを怠らないようにしましょう。

一番湿度が低くなる冬の前に乾燥してしまうような肌では、冬を乗り切れる自信もなくなってしまいますね。
乾燥肌はしわやたるみ、シミなどの肌老化や敏感肌やニキビ肌などの肌トラブルを引き起こすリスクファクターとしてよく知られています。

また、秋は夏に受けた肌へのダメージを回復させるための重要な季節です。
この時期の乾燥を放置してしまうと、夏のダメージがさらに悪化して肌に負担をかけるので、少しでも乾きを感じたらすぐに対処しましょう。

なぜ秋は乾燥するの?原因と肌への影響とは?

秋は気温も湿度も適度な状態になるので、肌が乾燥するイメージはないかもしれません。
しかし夏よりも湿度は確実に下がりますし、日によっては空っ風と言われる乾燥した風が吹きますから、空気中に肌の水分が奪われやすくなります。
あまり意識しませんが、風というのは肌に大きな影響を与えるのです。

風が顔に当たるというのは、乾燥によって肌を撫でられているのと同じ状態です。
化粧水を含ませたコットンは、ただ肌に乗せるよりも優しく肌を撫でた方が、成分が浸透しやすいですね。
秋の乾燥した風は化粧水を含んだコットンと真逆の状態ですが、肌に与える影響は同じなので、乾燥によって肌の水分が吸湿されやすいのです。

肌が乾燥するということは、角質層で保たれている水分が失われてしまいます。角質層では、水分を持つセラミドなどの成分がバリア機能を維持するために働いています。
その水分が奪われてしまったらセラミドによるバリア機能も低下してしまうので、外部からのダメージを受けやすくなり、さらに乾燥するという悪循環が起こるのですね。

また、季節の変わり目は昼と夜、また日によって寒暖差が激しくなります。

気温の高さによっても肌は影響を受けます。
気温が高く暖かければ肌の状態も安定しますが、急に冷えたりすると血流が一気に悪くなるので代謝が低下します。
すると肌の油分と水分の分泌をコントロールするのが難しくなり、バランスが崩れることも秋の乾燥肌の原因です。

このように秋は湿度と乾燥の影響によって、肌機能が低下して健康な状態を保ちづらくなってしまうのです。

秋の乾燥肌を改善!保湿ケアのポイント

秋は日によって気温や湿度が高くなったりするので、冬ほどひどい乾燥肌になることはないかもしれません。
しかしこの状態を放置してしまうと、乾燥肌から敏感肌に進行する可能性があります。

敏感肌になると、例え普通の保湿ケアであっても刺激を受けてしまいますし、普通なら保湿に効果のある成分でも炎症などのトラブルが起こります。
そのため敏感肌になってから乾燥を改善するのはさらに難しくなるので、そうなる前にしっかり改善しておきましょう。

秋の乾燥肌の保湿ケアのポイントは、セラミド配合の化粧品を使うことです。
セラミドはもともと角質層に存在してバリア機能を維持していますが、乾燥によって壊れると減少してしまいます。セラミドが少ない状態では、どんなに優れた美容成分でケアをしても、砂漠に水を撒くようなもので保湿することができません。

ですので保湿ケアにはセラミドが欠かせないのですが、ヒト型セラミドを配合しているものを使いましょう。
ヒト型セラミドは肌のセラミドと同じ構造なので、肌馴染みがよく角質層までしっかり行き渡ります。

また、現時点では1から7までのセラミドが発見されていますが、乾燥肌の改善のために働くのはセラミド1とセラミド2です。
セラミド1はバリア機能を助け、セラミド2は低下した保湿機能をアップさせてくれるので乾燥肌には効果的なのです。

化粧品の成分表示では、ヒト型セラミドという表記はありませんが、このように数字で記されているので選ぶときの目安にするといいですね。

梅雨を抜かせば、四季の移り変わりがある日本は常に乾燥しやすい環境にあります。
しかし秋のお肌には夏の紫外線によるダメージが残っているので、乾燥を感じるお肌はセラミドで保湿を強化して冬に備えましょう。