MENU

乾燥からくる敏感肌の対策方法

敏感肌になってしまうと、どのように対応していいのかわからなくなり、化粧品を色々と変えてしまう人が多いようです。
どこから肌トラブルが来ているのか解らない為、とりあえず化粧品を変えてみようと思う方が多いからです。

実際に乾燥からくる敏感肌は、肌の抵抗力が落ちているので、化粧品を交換するよりも、シンプルスキンケアに抑えて使ってみる方がよいです。

具体的に、どのようにして、敏感肌を治していけばよいのか?

①今使っている化粧品をシンプルケアにする。
スキンケアをたくさんつけている場合、化粧品でトラブルが発生していることも考えられます。クリームだけなど、少ないスキンケアに控えて肌を落ち着かせます。

②肌に負担の強い美白化粧品やアンチエイジング化粧品があれば使用をやめてみる
①と同じ理由となりますが、肌のトラブルを避けるため、肌に負担の強い化粧品の美白コスメやアンチエイジング化粧品は使用を中止します。 また、水分量の多い化粧品で肌に付けた時肌に染みるスキンケアがあれば、その化粧品もつけるのをやめてみます。

③油分の多いクリームやワセリンを使い、肌の保護する。
クリームやワセリンは油分が多いため、皮膚を保護してくれます。肌が落ち着き、1週間もすると肌荒れがだんだん治っていくと思います。

④セラミドの入った保護化粧品でバリア機能を上げていく。
セラミドは肌のバリア機能を作ることが出来る成分です。敏感肌を治すときの必須アイテムです。その化粧品を使ってバリア機能を高めていけば、外からの刺激をシャットアウトすることが出来るようになります。

⑤規則正しい生活を送る。
化粧品とは別の話になりますが、ここも大事なポイントで、睡眠時間や、ストレス、食生活など色々な要因でお肌のトラブルが起こることもありますので規則正しい生活を心がけましょう。