美容液-乾燥肌を潤す化粧品選び♪

MENU

乾燥肌をケアする方へ・・・美容液の役割について

美容液は、お肌にあげるサプリメントのようなものと考えれば良いでしょう。
シミが気になる方は美白成分、お肌のハリ・弾力が気になる方はヒアルロン酸やセラミドなどの保水成分、ニキビが気になる方、肌荒れが気になる方等々、様々な悩みに応じた成分配合の美容液を使うと良いのです。
美容液 = 高価なものというイメージがあるかもしれません。それは、個性的な成分が配合されていたりするためです。
乾燥肌さんにオススメの美容液を選ぶポイントについてご説明します。

乾燥肌さんが美容液を選ぶポイントについて

化粧水によってお肌は充分潤いを与えらえれて落ち着いています。その後の美容液はどのような成分配合の物を選ぶのが良いのでしょう。また、美容液を選ぶポイントについてご説明しましょう。

①乾燥肌さんにオススメの美容液成分
やはり乾燥肌さんがスキンケアに求める一番の要素は「保湿」ですよね。乾燥肌さんは保湿成分配合の美容液がオススメです。
それでは、具体的にどのような保湿成分が良いのでしょう。
お肌の保湿成分の約80%を占める角質細胞間脂質、特にその中でも40%を占めるセラミドは, 乾燥肌さんに最もオススメできる美容液成分です。

「セラミド」といっても、様々な種類があります。化学合成された疑似セラミドや、植物由来の植物性セラミドなどもありますが、一番のオススメは人間の角質層にあるセラミドと同様の化学構造を持つヒト型セラミドです。
ヒト型セラミドは人と同じ形をしていることから、吸収性が良く保湿力が良いことで人気があります。
最近はより吸収が良くなったヒト型ナノセラミドも配合されているので要チェックです。

②このような成分もオススメ!
セラミドの他にも、乾燥肌さんにオススメの美容液成分をご紹介します。
①角質細胞間脂質のセラミドを増やす成分・・・ライスパワーNo.11エキスなど
②細胞間脂質の層に水分を挟み込んで保水する成分・・・スフィンゴ脂質、ステアリン酸コレステロールなど
③角質層に水分を抱え込む成分・・・ヒアルロン酸、コラーゲンなど
④天然保湿因子の成分・・・・•アミノ酸、尿素、PCA、ヒアルロン酸など

③美容液のここに注意!
美容液成分の配合量をよく見ましょう。微量しか配合されていなくても、「〇〇配合!」と謳っている美容液はたくさんあります(実際ウソではありませんしね)。配合量は多ければ多いほど良いのです。

④美容液はいつ使う?
美容液を使い続けることで、かえってお肌が疲れてしまうことになる場合もあるのです。贅沢な美容液成分は、使い続けるとお肌が甘えてしまって、「自ら潤う」ということをやめてしまう可能性も!
本当に乾燥を感じたときに、スペシャルゲスト的に使うと良いかもしれませんね!
ここでは実際にチェック・使用した美容液を紹介!

お勧め美容液を紹介!

アヤナス糖化ケア美容液

ヒト型ナノセラミドが配合!また、コウキエキスが敏感肌の人でも使える美肌化粧品として人気!お肌にコラーゲンを生成してくれるから肌内部に水分保持力がアップしてハリや弾力が上がり美肌に導きます。

肌潤化粧水

成分ライスパワーNo.11がセラミドを産生するので、肌の保水力がとてもアップします!肌に優しいので使いやすいです!

ルナメアAC

ラインはニキビ化粧品なので肌トラブルケアの成分が入っています。使用すると肌がつるつるになりサラッとツルン肌になれます。

アクポレス
おすすめ美容液1位アヤナスの良さがココにある!

最大のポイントはコラーゲンにダメージを与えるAGEsをケアできるシモツケソウエキスの配合です。

美容成分には、CVアルギネートと、コウキエキスが配合。また、メラニンのもととなるチロシナーゼを抑制できるローズマリーエキスも配合されています。

さらに乾燥肌を助けるセラミドの中でもセラミド2(ヒト型ナノセラミド)を配合しているので刺激がほとんどなく敏感肌でも使え、おすすめ出来る美容液です。

詳細はアヤナスのサイトへ

次のスキンケアに進む?