冬に合ったスキンケアしてますか-乾燥肌を潤す化粧品選び♪

MENU

乾燥の冬。季節に合ったスキンケアしてますか?

どんなに健康な肌を持った人でも、冬は乾燥肌になりやすい環境です。
スキンケアは季節に合わせてマイナーチェンジをしていく必要がありますから、乾燥が強くなる冬には乾燥にフォーカスした保湿ケアをしなくてはいけません。

冬になると、乾燥によってバリア機能が低下します。バリア機能というのは、皮脂膜や角質層のセラミドなどから構成される肌を守る機能です。

バリア機能が正常に働いていれば、外部の刺激から肌を守ることができますし、肌の内側にある水分もセラミドがバリアとなって蒸発を防ぎます。
しかし、スポンジのように水分を吸収して保持するセラミドが減少してしまうと、冬の乾燥した空気によって肌の潤いが失われていくので、冬のスキンケアは保湿を徹底しましょう。

保湿は乾燥対策の基本!しっかり潤すポイントは成分!

乾燥対策にはいろいろな方法がありますが、基本となるのは保湿です。
といっても、保湿はあらゆるトラブルの改善方法の基本にもなるものですから、保湿を心がけるのは当然とも言えますね。

ですが、これだけ保湿が重要ということが知られているのに、乾燥肌に悩んだり肌トラブルが改善できないという方は少なくないのが実情です。
その理由は、化粧品に含まれる成分にあるのかもしれません。

保湿ケアといっても定義がないため、自分で解釈したり雑誌やメディアで取り上げられたやり方を実践する方が多いです。
もちろんこれが間違いというのではありませんが、保湿のポイントは化粧品に含まれる成分です。

保湿成分と言えば、コラーゲンやヒアルロン酸、しわの改善に効くレシチンなどが有名ですね。
これらの成分は保湿に欠かせませんが、もっとも重要なのが高保湿成分であるセラミドです。
コラーゲンやヒアルロン酸は、表皮の奥にある真皮層という部分で保湿をしてくれます。
レシチンは優れた保湿力によって水分をがっちり抱え込んで逃しません。

ですが、肌表面の潤いに関わっているのは、角質層に存在しているセラミドです。
セラミドは保湿成分の中でも一番強い保湿力を持っている成分と言われていて、角質層でしっかり水分を抱え込んで表皮を潤いで満たしてくれます。

真皮層で保湿力を高めることも大事ですが、乾燥にもっともさらされるのは表皮です。
その表皮で保湿を行うセラミドが不足していたら、保湿対策は完璧とは言えないのですね。


冬の乾燥肌を潤す、セラミドには種類がある!

冬の過酷な環境にさらされる肌を潤すにはセラミドでの保湿ケアが必須です。
しかしセラミドには種類があり、それぞれに異なる特長があり得意な保湿力も違うので、セラミドが配合されていればなんでも良いというわけではありません。

化粧品に使われるセラミドは、植物性セラミドや合成セラミド、動物由来の天然セラミドなどがあります。
その中で一番保湿効果があるとされているのはヒト型セラミドです。
酵母を使って生成されるヒト型セラミドは、人間の角質細胞間脂質であるセラミドと化学構造がとてもよく似ています。
そのため、どのセラミドよりも優れた浸透力と保湿力を兼ね備えているので、ヒト型セラミドでケアをするのがもっとも効果的なのですね。

ただし成分表にはヒト型セラミドではなく、セラミド3やセラミド6というように数字で表記されています。
ヒト型セラミドはセラミド1から7までありますが、特にセラミド1とセラミド2が乾燥肌対策に適しているので、これらのセラミドが配合されている化粧品を選んでください。

ですが、いくらセラミド1や2が配合されていても、含有量が少なければ効果も低くなってしまいます。
冬の乾燥に対抗するには、セラミドを十分に補給しなくてはいけません。ですのでセラミドでスキンケアをする場合は、成分表のところに記載されている配合量もしっかりチェックしましょう。
乾燥肌の改善は難しいイメージがありますが、セラミドを取り入れるだけで潤いを保持できる肌が育つので、冬の乾燥からもしっかり守れるようになります。

冬の乾燥によるダメージを放っておくと、肌老化が促進されます。
また、放置すればするほど回復しにくくなりますから、少しでも潤いがなくなり始めたら早めにセラミドで乾燥対策を行ってください。