MENU

冬は乾燥で肌がカサカサ・・・スキンケアで対策できる?

ふと鏡に映った自分の顔を見たとき、手が肌に触れたとき、一気に気分を滅入らせる原因となるのが冬の乾燥肌ですね。
冬に肌が乾燥するのはしょうがないことですが、それでもカサカサ肌はなんとか改善したいものです。

女子力を急降下させるカサカサ肌を解消するには、とにかくスキンケアでしっかり対策しなくてはいけません。
といっても、毎日朝晩スキンケアをしているのに肌が乾燥してしまうという方も多いのではないでしょうか。
そのため乾燥肌になったら特別なケアが必要と思われがちですが、乾燥肌に合わせた正しい保湿ケアをすれば乾燥肌を改善することもできるのです。
次のシーズンに肌トラブルを持ち越さないためにも、今からしっかり保湿ケアを始めましょう。

保湿は乾燥対策の基本!しっかり潤すポイントは成分!

冬に酷くなる乾燥肌の原因は、気温と代謝、そして湿度が挙げられます。

当然ですが、冬には気温がぐっと下がります。気温が下がると、体が冷えてしまい全身をめぐる血液の流れが悪くなってしまいます。

いくら暖房で暖かくしていても、たくさん服を着こんでいても、体の中から温まっていない状態では血行は滞ります。
血行が悪くなると、肌に必要な栄養素が不足してしまうため、ターンオーバーのサイクルが遅くなりバリア機能が低下して水分保持ができなくなるのです。

また、血行不良は代謝の低下も引き起こします。
代謝が悪くなると、消費エネルギー量が減少するので、エネルギーも生成されなくなって汗が出なくなります。汗がでないと、皮膚の表面の水分が不足してしまいます。

さらに皮脂の分泌量も少なくなりますから、天然の保湿クリームとなる皮脂膜が正常に形成されないことで乾燥が酷くなります。

最後に湿度ですが、空気が乾燥すると湿度はどんどん下がります。
湿度が低い状態は過ごしやすいのですが、空気の乾燥によって肌の水分はどんどん蒸発していきます。
皮脂膜が形成されていない状態で乾燥した空気に触れていると、より水分が逃げやすくなるため、冬になると乾燥肌が悪化してしまうのですね。

本来なら、乾燥を少しでも感じたら何らかのケアをしなくてはいけません。
しかし一度メイクをしてしまえば保湿ケアはできませんし、仕事中だったりすると水分補給も滞ってしまうので、普通のスキンケアでは冬の乾燥を防げないのです。



冬の乾燥肌を潤す、セラミドには種類がある!

スキンケアをしてもカサカサの乾燥肌になってしまうのは、冬の乾燥肌対策ができていないからです。
乾燥しやすい冬であっても正しいスキンケアをすれば改善できるので、その対策法を実践しましょう。

こう聞くと、何か面倒なことをしなくてはいけないのかと思ってしまいますね。
ですが、冬の乾燥肌対策のポイントはたったの2つしかありません。
そのポイントとは、お風呂で加湿しながらスキンケアをすること、そしてセラミドが配合されたクリームを使うことです。

お風呂はスチーム美顔器よりも優れた加湿環境を作ってくれます。
顔には凹凸があるので、スチーム美顔器だと加湿が顔全体に行き渡りません。
また、部屋自体は乾燥していますから、空気中に水分を持って行かれてしまい十分な加湿が出来ないのです。

お風呂なら空間全体の湿度が高いので、顔もしっかり加湿して潤いを与えてくれます。
その環境でクリームを使うと、十分な潤いと肌が柔らかくなった状態なので、セラミドの浸透力を高めることが出来るのです。

また、セラミドの効果を得るには、ヒト型セラミドが配合されているクリームを使うのがおすすめです。
ヒト型セラミドというのは角質層に含まれるセラミドと構造がとても似ているので、抵抗なく肌に馴染んでくれます。

セラミドがたっぷり蓄えられた角質層は、空気の乾燥から肌を守り、さらに水分を保持する力がアップします。
今日からこのスキンケアを実践すれば、冬の乾燥にも負けない肌を育てられるでしょう。

すでに肌がカサカサしている方だと、今から自分でスキンケアをしても改善できないと思うかもしれません。
ですがセラミドで保湿できる肌が育てば、少しずつ肌の状態も変わってくるので、まず乾燥肌対策の正しいスキンケアにチャレンジしてみてください。