MENU

春になっても続く、肌の乾燥にお悩みですか?

強い寒さと極度の乾燥が続く冬が終わって、うららかな暖かい日差しが降り注ぐ春になると、肌もようやく一息つけるような気がしますね。
ですが、意外にも乾燥しなさそうな春に乾燥肌になってしまうことがあるのです。

確かに、冬と比べれば春の方が湿度も高くなっていきますが、それだけで冬のダメージを受けた肌の乾燥が改善されることはないのです。

春は紫外線が少しずつ強くなりますし、近年はオゾン層の破壊によって紫外線量が増えていることが原因で乾燥しやすくなっています。
さらにスギ花粉などのダメージを受けるため、想像以上に肌は乾燥しやすくなっているのです。

冬よりも乾燥肌が気にならなくなった、などと油断していると、その状態のまま夏に突入してしまうので解消法を学んでおきましょう。

春の乾燥肌、その原因とは?

春の乾燥肌の原因は、大きく分けると湿度、気温差、紫外線の3つが挙げられます。

湿度は肌に大きく関わるもので、水分は乾燥しているところに吸湿される性質を持っていますから、湿度が低いと肌の水分は空気中にどんどん蒸散してしまいます。
春は気候がよく過ごしやすいので、あえて加湿をすることも少ないです。そのため、体感できない空気の乾燥によって肌の水分が失われてしまうのです。

次に気温差ですが、肌は気温によって状態が変化します。
暑さを感じれば汗が出やすくなると同時に皮脂の分泌量も多くなりますし、寒さを感じると汗がでなくなるので皮脂も減少します。

春は1日のうちで気温が高くなったり低くなったりするため、短いスパンで汗をかいたりかかなくなったりします。
こういった状態が続くと、水分や油分のバランスが崩れてバリア機能が低下することで乾燥が引き起こされるのです。
紫外線はシミやシワを作り出す原因としてよく知られていますが、実は乾燥にも関わっているのです。
紫外線を浴びると、体内には活性酸素が大量発生します。

活性酸素は異物を攻撃して侵入を防ぐ働きをしてくれるものの、大量発生すると健康な細胞まで攻撃してしまいます。
表皮の角質細胞が攻撃されると、角質細胞の隙間を埋めてバリア機能をサポートしているセラミドも壊れてしまうのです。

このように、春には乾燥肌を作り出す外的要因がたくさんあるため、スキンケアでしっかり解消しておく必要があるのです。

春の乾燥肌は解消できる!秘密の成分とは?

環境による肌の乾燥が起きやすい春ですが、実はある成分を取り入れたスキンケアをするだけで解消できるのです。
その秘密の成分とはヒト型セラミドです。
ヒト型セラミドはセラミドの種類の一つですが、化粧品に配合されるセラミドの中で一番肌との親和性が高いのです。

セラミドは種類によって浸透力が異なるので、例えば人間の皮膚に含まれるセラミドとは違う構造の植物性セラミドでケアをしても、大部分が浸透しないまま落ちてしまいます。

ヒト型セラミドは、名前から分かる通り皮膚に存在しているセラミドと構造がほぼ同じです。
そのためバリア機能に邪魔されることなく浸透し、外的要因によって機能が低下している角質層を整えてくれます。

ヒト型セラミドで乾燥肌を解消する場合、もっとも保湿効果が高いと言われるセラミド1とセラミド2は必ず補給するようにしましょう。

セラミド1には、角質細胞をつなぎ合わせる細胞間脂質のサポートをする働きがあります。
この働きによって壊れてしまったラメラ構造を整えられるので、肌のバリア機能を高める効果が期待できます。一度低下したバリア機能はすぐに回復しないので、バリア機能に直接アプローチするセラミド1が効果的なのです。

セラミド2は、セラミドの中で一番優れた保湿機能を持っていますから、保湿する力が失われた肌をサポートしてくれます。
この2つのヒト型セラミドでケアをすれば、乾燥しやすい春でも潤いをキープできる肌が作れます。

春は、冬のように明らかに保湿ケアをしなければ乾燥する季節ではありません。
しかし肌の内部では乾燥が引き起こされていますから、そのままの状態で夏になると大きなダメージを受けてしまうので、早めに潤い肌を作っておきましょう。