冬の乾燥肌の原因を知りたい-乾燥肌を潤す化粧品選び♪

MENU

冬は肌の乾燥が悩み・・・原因と解消法を知りたい!

冬の肌の悩みと言えば、乾燥肌によってトラブルが多発することではないでしょうか。
春や夏は肌のベタつきが悩みになるのに、冬になったらベタつきはいっさい消えて、逆にかさかさ肌になってしまう方も多いでしょう。

皮脂や汗の分泌量が多い春夏のスキンケアは、冬の乾燥肌を引き起こす原因です。
ベタつきが嫌で乳液やクリームを使わないケアをしていると、紫外線などでダメージを受けているお肌の内部機能はどんどん低下します。

さらに冬は春夏と比べると空気が乾燥しますから、オールシーズン同じスキンケアをしていると保湿が不十分になってしまいます。
いずれにしても、冬の乾燥肌を解消するには、春夏よりも徹底的に保湿をする必要があるのです。

冬の肌を乾燥させる原因

夏は紫外線の脅威によって肌は過酷な環境にさらされますが、それでも日陰や屋内にいれば紫外線を防げます。
しかし、冬の肌を乾燥させる原因の湿度というのは、日陰や屋内などで避けられるものではありません。

外はもちろん空調管理されている屋内でも、湿度までは管理されていませんから、肌は常に乾燥と戦っています。
たまに湿度が低くなるぐらいなら、肌の水分が奪われてしまってもすぐに水分量を回復させることができます。

ですが冬は常に湿度が低い状態ですし、それが数ヵ月も続くのですから、よっぽど保湿力が高くなければ水分量を回復させられません。
そのため冬には乾燥肌が引き起こされやすいのですね。

さらに、冬は気温が低下しますから、全身の血行が悪くなります。
血行不良になると引き起こされるのが代謝の低下です。
代謝は体の機能を活性化させる重要な生命維持活動ですから、これが低下すると肌の再生も滞ってしまい水分を保持する機能が衰えてしまいます。

また代謝が滞ると、皮膚に古い角質が溜まっていきます。古い角質というのは肌のバリア機能の役割を終えた物質なので、本来なら自然に剥がれ落ちて新しい角質細胞と入れ替わらなくてはいけません。

ですが代謝が低下すると、新しい角質細胞が肌の奥から押し上げられてこないので、いつまでも皮膚の表面に張り付いています。
水分を保持する機能がない角質が溜まると、肌の機能全体が低下してしまうため、潤いのない乾燥肌になってしまうのです。



冬の乾燥肌はスキンケアで解消できる!

冬の乾燥肌はスキンケアで解消できますが、いつもと同じようなケアでは解消できません。
乾燥肌を解消するスキンケアは、バリア機能を徹底的にサポートする必要があります。そのポイントとなるのが、セラミドを配合しているクリームを使用することです。

クリームは、ただ表面に張り付いて蓋をするだけの役割と思っている方も多いでしょう。
確かに、クリームは油分が多く含まれていますから、化粧水や美容液の美容成分を逃さない蓋の働きもしてくれます。

ですが肌の潤いを守るバリア機能は表皮の角質層にあります。つまり表皮の角質層をサポートできないと、いくら蓋をして美容成分を逃さないようにしても、結局乾燥は改善できないのです。

クリームの油分は角質層のバリア機能をサポートするので、冬の乾燥肌対策には欠かせません。
そのクリームの持つサポート力をアップさせるには、加湿された状態のお風呂で使うのがベストです。
加湿された状態でクリームをつけると、自然と乳化されて柔らかくなり、クリームに含まれる成分が肌に浸透しやすくなるのです。

セラミドは角質層の細胞の隙間を埋めながら、スポンジのように水分を抱え込む働きをしています。
そのため、クリームが角質層に浸透させると保湿力を高めることができるので、さらにサポート力がアップするのですね。
セラミドの中でも、ヒト型セラミドは肌との親和性に優れていて浸透しやすいですから、セラミド入りクリームはヒト型セラミドを使っているものを選んでください。

乾燥肌は放っておいて改善されるものではありませんし、特に冬の乾燥肌は悪化しやすいです。
この時期に乾燥肌用のスキンケアをしておけば、季節の変わり目のトラブルの予防にもつながるので、自力で治してしまいましょう。