MENU

乾燥肌ケアの方法とホルモンバランスの改善について

乾燥肌ケアについては、お昼にはお肌が乾燥しますページで詳しく伝えていますので、このページでは、ホルモンバランスの改善について伝えていきます。

生理周期で変動する女性ホルモン

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれるふたつのホルモンがあります。
エストロゲンは女性らしい体作りを助けるホルモンです。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は生理がはじまって約2週間で増加が始まります。この時、皮脂分泌を活発にさせることも分かっています。ニキビが出来やすくなるのはこのためです。

生理前のホルモンバランスの乱れを治す方法

①6時間以上の睡眠を取って規則正しい生活を心がける
ニキビが出来る大きな原因には、ホルモンバランスの乱れがあるのですが、この乱れを化粧品だけで治すのは難しいです。
肌の免疫力は睡眠不足になると低下していき、ニキビが出来やすい状態になります。
しかも、肌の免疫力が弱った状態だと、ニキビの繁殖が広がり、腫れやすい、大きなニキビが出来てしまうのです。
このニキビを予防するためには毎日6時間以上の睡眠をしたいところです。
さらに、就寝時刻がまちまちでも体内時計が乱れてしまい、成長ホルモンがバランスを崩してしまうので、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる規則正しい生活が大事になります。

②女性ホルモンバランスの乱れを改善できる化粧品を使う
ニキビ化粧品や、基礎化粧品の中には、女性ホルモンバランスの乱れを改善できる化粧品があります。
女性ホルモンバランスの乱れを改善するために考えた独自技術の成分や、ニキビが出来にくいノンコメドジェニックと表示された化粧品などがあります。

②生理前の時だけ化粧品をスペシャルケアにする。
生理前は皮脂も多くなりニキビが出来やすい時期です。その時だけピーリングコスメを使ってみてはいかがでしょうか。
ピーリングには余分な角質を剥がす作用があるので、毛穴が詰まりにくくなりますよ。