MENU

乾燥肌、敏感肌、アトピーのケアについて

アトピーが酷い場合、まずは化粧品を変えることは厳禁です。
というか、今使っている化粧品を使うことも避けたほうが良いでしょう。
アトピーが酷い時は、自分のお肌が弱っている時です。
乾燥肌や敏感肌のケアをするより前に、まずは自分のお肌をいたわることから始めましょう。

アトピーに困っている時のお肌ケア

①医療機関を受診します。
軽度のアトピー湿疹ならば、生活習慣の見直しやスキンケアの使用を控える等で改善する場合があります。
アトピー湿疹が重症で、かゆくてたまらない場合、ジュクジュクする場合などは必ず、医療機関を受診して、薬を処方してもらってください。
ステロイド系の薬については賛否ありますが、まずは、お肌の炎症を抑えることが大切なのです。
「短期間、用量を守って使用する」ことは間違っていません。無理してかゆみやお肌のジュクジュクが長期化することの方が問題です。

②スキンケアの使用を控える
ちょっとした刺激が、アトピーを引き起こします。思い切って短期間、スキンケアの使用を控えましょう。または、シンプルなクリームのみなどの使用にとどめてください。
特に、「美白効果あり」や「アンチエイジング作用」などといった、付加価値の付いたスキンケアはお肌に負担になることが多いので注意してください。

③ワセリンや馬油を使い肌を保護する。
皮膚科でも処方されることがあるワセリンは、特に薬として効果があるわけではありませんが、お肌を保護するために有効です。
アトピーは決してすぐに治るものではありません。ある程度症状が落ち着いたら、お肌を保護するクリームの使用などを始めてみてください。

④敏感肌用のスキンケアを使用して、お肌を保湿する
敏感肌さん用のスキンケアは、本当にお肌に必要な天然成分のみが入っていることが多いのです。
特に有効な成分はセラミドです。セラミドは、お肌のバリア機能を高める成分なので、敏感肌さんの乾燥肌改善にも効果があります。

⑤アトピーとうまくつきあう
アトピーはすぐに治るものではありませんが、うまく付き合うことでコントロールすることは可能です。
季節の変わり目には予防的に過度なスキンケアを控える、ワセリン等でお肌の保湿をしっかり行う、セラミド入りのスキンケアでお肌のバリア機能を高めるなどといった対策をとることが有効です。
また、食生活は重要です。食事からアトピーになる場合もあるのです(特に子供に多い)。
自分自身の食生活も見直してみてくださいね。

アトピーのケアができるスキンケアをご紹介します。

   みんなの肌じゅんとう
ポイント ガサガサ・ゴワゴワ肌が
柔らか肌に生まれ変わる!
価格 1,200円(税込1,296円)
用量 お試しサイズ35g
その他 定期お届けコースあります。

砂糖の浸透力と吸水・保湿力でお肌の奥にしっかりと水分を届けます。
お肌のバリア機能を高め、外部刺激に強いお肌作りをするので、乾燥肌・敏感肌さんやアトピーの方の肌質改善にも使えます。
アトピーの塗り薬と併用できるのも嬉しいですね。(ただし、お肌の状態を見て、何かあったら医療機関に相談してくださいね。)