MENU

肌のかゆみを止める

①化粧品をシンプルスキンケアにする
(かゆみが顔の場合)毎日のスキンケアを何品も使うのをやめてみます。お勧めはスキンケアをクリームだけにしてみます。肌にトラブルが起きている時、化粧水や美容液は水分量が多いため、敏感に反応しヒリヒリを感じることがあるからです。

②肌の炎症を抑える成分のグリチルレチン酸入り化粧品などを使ってみる
肌の炎症を抑えるには、グリチルレチン酸が入った化粧品や治療薬を使用すると良いです。カンゾウ(甘草)の根から抽出した成分で抗炎症作用、ニキビケア、抗アレルギーなどに使われます。
※医薬品(薬)や、その他の商品(医薬部外品、化粧品)全ての商品に、この成分は入れることが出来ます。

②かゆみを抑える成分の入った治療薬を使ってみる。
炎症を抑えるのに合わせて、かゆみを抑えるジフェンヒドラミン塩酸塩(抗ヒスタミン成分)等が入っている治療薬を使えばかゆみはすぐに収まります。
※医薬品(薬)にはこの成分は入ってますが、その他の商品(医薬部外品、化粧品)には、入れることが出来ません。

このような炎症を抑えかゆみを止めてくれる商品には下記のようなものがオススメです!

   ムヒソフトGX
ポイント かゆみ肌に皮膚活性化のパンテノール(ビタミンB6)が配合
価格 お店による(1,200~1,350円ぐらい)
医薬品分類 第3類医薬品
効能 かゆみ 虫さされ じんましん 皮ふ炎 しっしん あせも かぶれ しもやけ ただれ

ジフェンヒドラミン塩酸塩(2.0g)がお肌の知覚神経に働き、かゆみを止めます。
パンテノール(プロビタミンB5)(1.0g)は肌に浸透しやすい保湿効果のある成分です。皮膚を細胞から活性化してくれるので、炎症を抑えるのに役立ちます。
トコフェロール酢酸エステル(0.5g)がお肌の血行を良くするので肌トラブルの改善を早めてくれます。
グリチルレチン酸(0.2g)は甘草から抽出した成分で炎症を抑える働きをします。

   ユースキンI
ポイント 非ステロイドで赤ちゃんから
お年寄りまで使えます
価格 65g: 希望小売価格1,050円(税込)
110g: 希望小売価格:1,470円(税込)
医薬品分類 第3類医薬品
効能 かゆみ 皮ふ炎  しっしん じんましん
かぶれ あせも ただれ

クロタミトン はお肌のかゆみを落ち着かせます。
ジフェンヒドラミン はかゆみを止めます。
グリチルレチン酸 は炎症を抑えます。
イソプロピルメチルフェノール はお肌の殺菌、抗カビ作用があります。
ビタミンE酢酸エステル は抗酸化作用、血行の改善作用があります。
保湿成分として、水添大豆リン脂質、オリブ油、グリセリン が配合されています。

バリア機能