乾燥による顔の肌荒れ-乾燥肌を潤す化粧品選び♪

MENU

乾燥による顔の肌荒れにお悩みですか?

乾燥による顔の肌荒れというのは、肌トラブルの中でも一番多い悩みです。周りの人は潤ってすべすべの肌なのに自分だけ乾燥している、と悩んでいる方もいますが、実は乾燥の肌荒れに悩む方はものすごくたくさんいます。

乾燥して肌荒れが起こると、まずはコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分でケアをするのがスタンダードですね。
もちろんこれらの成分も乾燥肌の改善には欠かせませんが、もっと重要なのはバリア機能を回復させることです。

コラーゲンやヒアルロン酸は、肌の奥の基底層で保湿をする成分なので、これだけでは表皮の保湿力を高められません。
肌の乾燥の原因となる外部からのダメージを緩和するには、角質層のバリア機能を強化しなくてはいけないのです。


乾燥による顔の肌荒れ。その原因は?

乾燥によって肌荒れが起こる原因を知るには、まず肌の構造を知っておく必要があります。
肌を乾燥から守るバリア機能は、皮脂膜と天然保湿因子、そして細胞間脂質から成り立っています。

皮脂膜は皮脂と汗が混ざり合ってできる天然の保湿クリーム、天然保湿因子は空気中の水分を吸湿して角質層の水分を保っています。
細胞間脂質は、角質細胞をつなぎ合わせる役割を持っていて、角質細胞がしっかりつながることで外部の刺激から肌を守り、さらに水分の蒸発を防いでいます。

この中で乾燥肌に対してもっとも重要な働きをするのが細胞間脂質です。
細胞間脂質にはいろいろな物質が混ざっていますが、約50%を占めるのがセラミドです。
セラミドが十分に存在していれば、角質細胞の隙間がまんべんなく埋められるので、バリア機能も正常に働きます。

しかし不足すると隙間だらけになってバリア機能が働かなくなってしまい、外部の刺激をダイレクトに受けたり、水分がどんどん蒸発してしまうのです。

また、バリア機能が低下して刺激を受けると、肌は炎症を起こします。
炎症するということは、角質細胞に熱が発生した状態になるため、ここでも肌の内部の水分が蒸散してしまうのです。

セラミドが不足すると、それだけで乾燥が引き起こされるのですが、そのせいで刺激を受けて炎症が起こるとさらに肌が乾燥するという悪循環になってしまいます。
つまり、乾燥による顔の肌荒れを改善するには、悪循環を断ち切るためにもセラミドが必要不可欠なのですね。


乾燥による顔の肌荒れは「〇〇配合の化粧品」で改善できる!

乾燥による顔の肌荒れは、○○が配合されている化粧品を使うことで改善できます。
その○○とはヒト型セラミドです。

最近は、セラミド配合の化粧品も特に珍しいものではないので、今お使いの化粧品にも入っているかもしれません。
それでも乾燥してしまう、肌荒れが治らないという場合は、セラミドの成分表示を見てみましょう。
もし植物性セラミドやセチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、ビオセラミドなどの表示であればヒト型セラミドではありません。

セラミドの種類の中で一番浸透しやすいのは、人の肌に含まれるセラミドと同じ構造を持つヒト型セラミドです。
他の種類のセラミドは構造が異なるため、浸透しにくいのでその分保湿効果も低いのです。
ヒト型セラミドは、セラミド1やセラミド2と数字で表記されているので、乾燥肌を改善する化粧品を選ぶときには数字表記のセラミド含まれているものをチョイスしてください。

それだけで乾燥による肌荒れを改善できるのか、疑ってしまう方もいるでしょう。ですが、肌の構造で前述したように、乾燥を引き起こす外部の刺激から肌を守るのも、内部の水分を保持するのもセラミドが核となっています。

そのセラミドが不足したままでは、どんな保湿成分でケアをしても乾燥から肌を守る機能は回復しません。逆に言えばセラミドを補給すると、バリア機能が正常化されることで刺激や炎症のリスクがなくなるのですから、肌荒れを改善することが可能なのですね。

肌荒れの対処法を調べると、たくさんの情報がヒットしますから、正しいアプローチ方法が分からなくなってしまうかもしれません。
ですが乾燥肌改善のメインはセラミドなので、この成分を基準に補給して肌荒れを解消していきましょう。