夏の乾燥肌「インナードライ肌」-乾燥肌を潤す化粧品選び♪

MENU

夏の乾燥肌「インナードライ肌」の女性が増えています!

夏は皮脂や汗で顔がべたつくので乾燥とは無縁と思いがちですが、実は隠れ乾燥肌の女性が増えています。
これはインナードライ肌と言われるもので、紫外線やエアコンなどさまざまな外的要因によって引き起こされます。

インナードライというのは、名前の通り肌の内側が乾燥している状態です。
この状態に気がつかないまま放置してしまうと、乾燥がまったく改善されないため、あらゆる肌トラブルが引き起こされてしまいます。

見た目ではっきり乾燥が分かれば、何らかの改善法を実践できるので肌トラブルも改善されます。
しかしインナードライは外見的にはオイリー肌状態なので、間違ったケアをすることでさらに乾燥が酷くなってしまうため注意しましょう。


あなたは大丈夫?夏の乾燥肌の症状とは?

乾燥肌というと、肌がかさかさになったり粉吹き状態になったりして化粧ノリが悪くなるイメージがありますね。
もちろんこういった状態は乾燥肌の代表的な症状ですが、夏の乾燥肌はちょっと違うのです。夏の乾燥肌の症状とは、肌がベタつきや毛穴の開き、テカリなどが挙げられます。

乾燥しているのにベタつくというのは矛盾しているように思えるでしょう。
ですが、この症状になるのは夏の環境が関係しています。

夏は気温が高いので、どうしても汗の分泌量が増えてしまいます。汗は、適量であれば表皮を潤したり、皮脂と混ざり合って天然の保湿クリームとなり肌を乾燥から守ってくれます。

しかし必要以上に汗をかくと肌がふやけてしまい、健康な角質層が剥がれやすくなり、角質細胞などで構成されるラメラ構造が崩れます。
ラメラ構造はブロック上に角質細胞が重なり合い、その隙間をセラミドなど細胞間脂質が埋め尽くすことで水分を保持する重要な構造です。これが崩れると水分が流出して肌が乾燥しまうのです。

肌が乾燥すると、体は肌を守るために皮脂の分泌を促進するので、過剰分泌されます。
この皮脂は汗とともに表皮に排出されていくのですが、汗は蒸発してしまうため、過剰に分泌された皮脂だけが残ります。そのため肌がベタつくのです。

秋冬なら肌が乾燥するほどの発汗はありませんが、夏は何もしなくても大量の汗が出ていきます。
ですので、夏の乾燥肌はベタつきや毛穴の開き、テカリなどの症状が起こるのですね。

夏の乾燥肌を改善!正しい保湿ケアとは?

夏にインナードライ肌になってしまうのは、汗の分泌量が増えるだけではなく、夏の保湿ケアにも問題があります。

夏の乾燥肌は、皮脂が肌に残るせいでベタつくため、どうしてもさっぱりしたスキンケアになってしまいます。
乳液やクリームをつけると、さらにベタベタの状態になってしまうので化粧水だけで済ませてしまうという方も多いでしょう。

確かにインナードライだと化粧水だけでも表面の潤いは保てますが、肌の内部は水分を保持する力が失われているので、クリームを使わないと乾燥が悪化してしまいます。
ですので、夏の正しいケアは必ずクリームを使うことがポイントになります。

またクリームに配合される成分も重要です。インナードライ肌は角質層で保湿をしてくれるセラミド1やセラミド2が著しく減少していますから、セラミドが配合されているクリームでケアをしましょう。
化粧水にもセラミドが入っているものがありますが、セラミドは油溶性の保湿成分なので、クリームで補うことで効率よく保湿効果を得られます。

そして、セラミド入りクリームを選ぶときには、必ずヒト型セラミドを使っているかチェックしてください。
セラミドには化学合成して作られたものや植物由来のもの、動物由来のものなどいろいろな種類がありますが、ヒト型セラミドがもっとも肌に馴染みます。
クリームは油分が多く使われているので親和性が低いので、浸透力が高いヒト型セラミドでケアするのが夏の乾燥肌を改善するポイントになります。

夏のインナードライ肌を放っておくと、空気が乾燥する秋や冬にはさらに症状が悪化してしまいます。
これがしわやたるみなどエイジングサインの原因にもなりますから、セラミド入りクリームで正しいケアをして脱インナードライ肌を目指しましょう。