MENU

乳液を選ぶポイントをご説明します

濃厚な美容液を付けた後、朝のスキンケア、春夏の汗の季節などはクリームよりも乳液がオススメですが、乳液を選ぶポイントについてご説明します。

①さっぱりタイプとしっとりタイプ、どちらが良い?
同じスキンケアラインなのに、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」という2種類が発売されている場合があると思います。
一概にはいえませんが、おおむね、さっぱりタイプはアルコールで清涼感をだしていたり、油分がより控えめになっていたりします。しっとりタイプはグリセリン等の保湿成分が若干多いのです。
通常の乾燥肌さんはもちろん、しっとりタイプを使ってください。乾燥性脂性肌さんなどはさっぱりタイプが良いでしょう。

②乳液の使い方
必ず手にとり、両手を合わせて人肌に温めましょう。油分の多い乳液は、温めることで浸透が良くなります。
また、化粧水や美容液のあと3分ほどおいてからつけると良いでしょう。化粧水や美容液の成分を十分に浸透させるためです。案外時間を空けないで次々使われている方が多いので注意です。

③乳液の成分
乳液はクリームより水分量が多いです。そのため角質層への浸透は乳液の方が◎。ただし、美容液よりも油分を含んでいるため、
美容液に保湿成分を多く含んでいる場合→角質層を覆う油分重視の乳液(しっとりタイプ等)
美容液を使わない→保湿成分を多く含む乳液
を選択しましょう。